男性の方が浮気しやすいのは本当?

世間一般的には「男性の方が浮気をしやすい」と言う認識になっています。確かに男性は浮気をする回数は女性に比べて多いかもしれません。
しかし、動物学的に言えばそれは当然のことと言えます。

なぜならば、男性が子孫を残すためにすることは「精子を女性に提供する事だけ」だからです。一人でも多くの子孫を残してもらうためには、一人でも多くの女性に自分の遺伝子を提供する必要があります。一人の女性では子孫を宿す数に限りがありますし、相応の時間がかかってしまいますので、男性は「質より量」で女性を選び生殖行為を行っていくことになります。

その為、女性に比べて男性の方が頻度が多いために「男性が浮気しやすい」という認識が広がっています。しかしこれは、単に「男性の方が身軽だ」と言うだけであり、性別の本質を表しているわけではありません。

そもそも動物学的見地からいえば「女性の方が浮気をしやすい」というのが一般的な意見です。
ここで大切なのは「生殖行為の頻度」では無く、あくまでも「浮気をする頻度」という視点で考えるという事です。ここで、人と動物における「浮気」の認識の違いが出てきます。

コメントを残す